愛猫9匹と名古屋から郡上八幡へ永住して隠れ家サロン完全予約1日限定2名様の「癒しの家ねこのて」オーガニックエステを始めました。10年関わってきたオーガニックスキンケア製品を使ってのオールハンドのみのエステサロン。 郡上八幡の築80年の古民家のすぐ後ろに見える八幡城、鮎で全国的に有名な吉田川、小京都と言われる郡上八幡の町屋界隈とママと一緒に永住してくれた愛猫の日々をエステの事も季節を通して記事と共に写真で紹介していきます。もちろん走歴25年ママ自身が走って郡上市のマイマラソンコースも紹介します!

2011年04月

久しぶりの我が家の猫たちです。
栗きんとんのきんちゃんと、外猫のちっぽちゃんの子どものぽ~ちゃん。



キッチンの窓際で朝日を浴びて~毎年、自然に生えてくるツタが青々としています。

夏は、日陰を作り出し、秋は、赤く紅葉して、冬は、枯れてあたたかな光で部屋を照らしてくれる
窓辺で季節の繰り返しを感じているママです。
きなこと、きんちゃん。




昨日記事を書きますと言いながら遅くなりました。来て下さった皆様ごめんなさい。
子ども2ちゃんが風邪を引き熱を出したり、ぽ~ちゃんの片目が真っ白に膜を張ってしまって病院行き
子ども3ちゃんのサッカー観戦の送り迎えに、わんこのリーフが酷い下痢をおこして散歩ばかり・・・


休日の方が何かと用が多い事、自営の性・・・休みあって無い事、普段のできなかった仕事を片づけて休みだけど月末の経理の仕事をしたり・・・
それから、ほったらかしだったお庭のお花の手入れを少ししたり・・・



ゆきちゃんとの時間をいつもより倍の時間過ごしたり・・・


ママには、ご近所に年の離れた60代・80代・90代のお花友達がいます。話すことは花の事だけのです。
60代のお友達に昨年の冬に頂いた3本の枝を大切に差し木して、枝から沢山の枝が出てプランターいっぱいに可愛いピンクの花を咲かせてくれました。
シルバーのシロタエギクも差し木で育てた物です。元の親の花がある日突然枯れてしまうから枯れる前に元気なうちに数本枝を折って(親木から頂いて)何年も子から子へと残して育てています。




60代のお花友達さんへ伝えたくって、今日、ちょうど花の手入れをしていたのでお声をかけて見に来てっと伝えました。
「わぁ~綺麗だね。すごいね。うちのは枯れてしまったのよ」っと
「1本娘にもらっていい」と言いました。
「仏壇にお供えしてから私も差してみるね」っと

3年前に自宅で自ら命を絶った娘さんへお花の事です。
彼女もマラソンをしていました。何度か近隣の大会では一緒になったり、練習の時にすれ違ったり、お母さんにあたる花友達さんが娘さんのために沿道で応援していた姿を今でも思い出します。

お花の話だけの花友達だけどお花の交換や育てた花の話を通して元気あげて見守ってあげたいと思ってます。

その方と交換で頂いた青い花を手持ちの鉢植えに植えて・・・あおちゃんがいつも居た場所に






ゆきちゃん。ゆきちゃんと別れる日まで今日を入れて4日

今日のゆきちゃんです。生後8ヶ月になります。毎日お利口にサプリメント飲んで、少し大きくなって病気なんて嘘だったように元気いっぱいです。



ママは、熱を出して毎日病院通いして点滴や注射を打っていた頃は、今日のような元気な姿や里親へ出す事は考えられなかった。





両目の見えないゆきちゃんのお世話してきて、もうすぐ3ヶ月になるけど
初めて両目の見えない猫ちゃんをお世話するのは初めてで・・・何もわからず手探りでした。
両目見えないだけではなく、治らない病気を2つもっていたゆきちゃん。





沢山の猫ちゃん見てきたけど・・・とっても甘えん坊のゆきちゃん
今は、病気も悪さしていなくって毎日のサプリメントは続けていて、体調も落ち着いてきた事。
この先、何ヶ月も何年もハウスにゆきちゃんだけの隔離生活は可愛そうで考えられない事。





ママよりも本当に心根の優しくって誠実な同じ町内の友達へ託します。
ゆきちゃんを保護した時からずっとブログ見て心配してくれた友達です。

里親さんの友達とお子さんとゆきちゃん




ゆきちゃんの最初の里親の呼びかけにも1番で名乗り出てくれた友達です。
猫ちゃんを飼うことが夢だったお子さんとブログを見て両目が見えないハンディがある
ゆきちゃんがほしいと言ってくれました。

猫ちゃん飼うことは初めてだけど精一杯お世話させてもらいたいと言ってくれました。
コメントも読んでくれて皆さんの愛情に答えれるようにゆきちゃんのお世話したいと言ってくれました。

お子さんも3人みえて、一番下の女の子と一緒に暇を見つけて、ゆきちゃんに会いに来て遊んでくれてます。
そのお子さんが毎日携帯でゆきちゃんの様子を撮って送ってくれると言ってくれました。




病気が判明(確定)した時は私の書いたブログ見てママと一緒に泣いてくれました。
ステレスで発症するっと書いた事でお子さんが友達に言った言葉は

「きなこママの元がゆきちゃんにとって一番安心できる場所でストレスない環境だから・・・
ゆきちゃんの為に、ゆきちゃんを引き取ってお世話する事をあきらめよう」ってお母さんの友達に伝えたそうです。

ママは、その言葉で決めました。

それほどまでに真剣にゆきちゃんの事思ってくれるお子さんと友達に待っててほしいと伝えてきました。やっと元気になって今は落ち着いているゆきちゃんをお願いする日を決めました。

ゆきちゃんが安心できるように丸ごとハウスの中身をそのままそっくり友達のリビングに引っ越しします。移動したハウスができあがってから、ゆきちゃんをそこにおいてあげます。




行く日と翌日とママは友達やお子さんに何かアドバイスできるようにゆきちゃんの様子見るために
付き添います。
トイレも、お水飲むお皿も、カリカリ入れてあったお皿も、トーレーも、ダンボールで作ったベットもおもちゃも全部ヒーターも・・・すべて全部・・・ゆきちゃんとの思い出の物は持って行きます。




ただ・・・・ゆきちゃんと過ごした3ヶ月の思い出だけは・・・・ママの胸にしまっておきます。


そして、もしゆきちゃんの体に何かあった時は、ママが責任もって引き取って最後まで見守ります。

最後にお礼を2つ書かせてください。
ゆきちゃんを保護してくれた友へ・・・・ありがとうと言います。ママは、途中から去って行った事寂しかったけど悲しかったけど、そんな感情よりも・・・ゆきちゃんの命を救って助けてくれた事へ「ありがとう」と言いたいです。
あと3日と半分だけど、ゆきちゃんに会いに来てあげてね。


里親の最初の呼びかけに数人の方が名乗り出て下さいました。ママはまともな対応もしないままでした。途中の病気が判明してからどうしたらいいのか迷ったままでした。本当にゆきちゃんを引き取ってくださると名乗り出て下さった皆さん、この場をお借りして「ありがとうございました」申し訳ありませんでした。

ママは猫ブログの闘病生活にランキングしています。少しでも多くの方の目に留まるように
この四角い猫ブログの上でカッチっとして下さい。点数が入ります。よろしくお願いします。


にほんブログ村 猫ブログへいつもあたたかな応援とコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。
感謝でいっぱいです。応援やコメントがどれだけ励みになるかわかりません。ゆきちゃん!ガンバレ!のポッチをよろしくお願いします。

きなこママ  どうして?ゆきは、ここから このハウスから出て行かなくてはいけないの?




ゆきは、ここが好きなのに




初めて家の中に入れてもらった場所なのに




ずっと外で暮らしていたよ  寒かったよ  なんにも見えなくって怖かったよ




ゆきは、ここが好き  灯りがあって  好きなおもちゃがあって
 



ゆきは、全部覚えているよ




見えないけど全部何があるかわかるよ




きなこママ  ここが好きだよ   ずっとママの元にいたいよ






だけど・・・・寂しいよ   ゆき、一人ぼっちは寂しいよ




ママは、時々しか会いに来てくれないから




ゆきは、寂しいよ




いつでも甘えられる時に  誰かにそばにいてほしいよ




だから行くね







ゆきちゃんと・・・・さよならまで あと6日



ゆきちゃんを手放す理由は・・・・明日書きます。
書きながらいろいろな事思い出して涙が出てしまってます。


保護くれた友達も途中で去っていってしまった・・・・辛かったです。
病気のゆきちゃんを一人で一人でどうしようか考えてばかりいました。

ここへ来て応援してくれるみんなが居てくれたからコメントで支えてくれたから
今日まで来る事ができました。

ゆきちゃんのご飯の救援物資に被災地への救援物資のお願いに・・・
送って下さった皆さんにママは甘えてお返しも何もしないままで今もいます。
本当にごめんなさい。すみません。ゆきちゃんのおかげだと思っています。

あと6日。明日からママは連休です。ずっと家にいます。
この3ヶ月近くの中でゆっくり時間とれなかったから最後に・・・・一番長くゆきちゃんと過ごしてあげたいです。



ママは猫ブログの闘病生活にランキングしています。少しでも多くの方の目に留まるように
この四角い猫ブログの上でカッチっとして下さい。点数が入ります。よろしくお願いします。


にほんブログ村 猫ブログへいつもあたたかな応援とコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。
感謝でいっぱいです。応援やコメントがどれだけ励みになるかわかりません。ゆきちゃん!ガンバレ!のポッチをよろしくお願いします。




きなこママには、育ち盛りの3人の子どもがいます。16歳・15歳・12歳
どんなに忙しくっても塾やクラブチームへ夜出かける3ちゃんの事思って手作りにこだわっています。
4月からの夕方からは本当に毎日がママの中では戦いです。

1ちゃん、2ちゃん共に弓道部で帰りが遅く
先日の1ちゃんの大会から



毎日のリーフの散歩は毎日ママの仕事になって




大急ぎで夕食の買い物行って、作って、3ちゃん送り出して、ゆきちゃんのご飯やお世話に




合間合間に家猫きなこや、あんこちゃん達のお水にトイレにご飯見て回って・・・・




高齢の17歳のちびちゃんに特別ごはんあげて




家族のみんなが夕食食べ始めている時間がハウスのゆきちゃんに夜ご飯あげて一緒にいる時間。




家族が食べ終わった頃に戻って来てお茶碗洗って、着替えして毎日のマラソンの練習。
4月17日掛川フルマラソンゴール前にて~



どんなに毎日がフラフラな事あっても走ることは止めたくない。
走っている時間だけが自分一人だけの自由な時間。その時間を毎日大切な友の花花さんを思い
大丈夫!大丈夫!って思いながら走りたいから



今朝も5時に起きて昨日書けなかったブログ書いて子ども1ちゃん・2ちゃんのお弁当作りです。
すべて手作りで、竹の子・にんじん・鶏肉・椎茸・えのき茸で作った子どもが好きな炊き込みご飯



1ちゃん2ちゃん高校生組は、4月から毎日お弁当持ちなので、2人が美味しいって思ってくいれるの考えながら毎日作ってます。


朝の我が家は、和食なので八丁味噌の赤味噌のお味噌汁を具を変えて毎日作ってます。
何だろう・・・ママの作ったみそ汁を朝飲んで出かけて行くだけで今日も1日子ども達は大丈夫って思ってしまいます。今朝は定番のお豆腐と油揚げとネギで



写真すべて携帯からなのであんまり美味しく撮れててないね^^

いつも応援くださって本当にありがとうございます。感謝しています。ありがとうね。皆さん。
今日は書こう!今日こそはって・・・ゆきちゃんの事
必ず書きます。ゆきちゃんと・・・さよならする日まで・・・7日


ママは猫ブログの闘病生活にランキングしています。少しでも多くの方の目に留まるように
この四角い猫ブログの上でカッチっとして下さい。点数が入ります。よろしくお願いします。


にほんブログ村 猫ブログへいつもあたたかな応援とコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。
感謝でいっぱいです。応援やコメントがどれだけ励みになるかわかりません。ゆきちゃん!ガンバレ!のポッチをよろしくお願いします。



今日4月25日は、きなこと♂あずき♀のお誕生日です。(保護から推定)
きなこ 4歳
 



酷い姿で保護したきなこ。

学校帰りの子ども達の輪の中で両目ほぼ見えない状態で数百メートルを足音を頼りに付いてきた
きなこ。(保護して10日目でやっとここまでに)




心配する10人ぐらいの子ども達に、「大丈夫!面倒みるから安心してね~」って言い残して
何度も「お願いします、お願いします」と言う子ども達を後にすぐに病院へ走ったあの日




スポイドのミルクから育てた1歳年上のあんこちゃんより大変だった日々。
毎日の病院通い、何種類家の目薬、下痢、嘔吐で病院走った日から4年





数回の目の手術を頑張って片目だけは見えるようになった



リーフの散歩コースがその日だけ変えなかったら出会うことはなかったかもしれない
命の恩人のリーフときなこは今も一番の仲良しでリーフに甘えています。(生後一ヶ月のきなこ)






あずきちゃんも同じ4歳。生まれた時から母猫と一緒にお外のダンボールでお世話してきた仔です。
(生後11ヶ月で保護)
お外にいた頃

しばらく保護部屋で


 

あずきちゃん、今は自由に部屋と保護部屋を行ったり来たりしています。

一時、保護部屋で他の猫たちから隔離してました。隔離と言う言い方よりも守ってました。
あずきちゃんだけを他の猫たちが天敵にして追いかけいじめてしまって・・・ご飯も食べられずトイレ行くことが出来ないで我慢できず部屋の何処かにしてしまったり・・可哀想でした。
隔離してあげようと思ったは、ストレスで体のあっちこっちがハゲてただれてしまったからです。




今日のゆきちゃんです。




本当に両目が見えないなんて思えない綺麗な瞳をしています。
ママの顔しらないまま・・・里親さんの元へもうすぐ行くんだね。ゆきちゃん、忘れないでねママを




ゆきちゃんが里親さんの元へ行く日まで・・・・あと9日


前記事へのコメント、メッセージをありがとうございます。
いつもあたたかく見守って応援くださって心から感謝の気持ちでいっぱいです。


ママは猫ブログの闘病生活にランキングしています。少しでも多くの方の目に留まるように
この四角い猫ブログの上でカッチっとして下さい。点数が入ります。よろしくお願いします。


にほんブログ村 猫ブログへいつもあたたかな応援とコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。
感謝でいっぱいです。応援やコメントがどれだけ励みになるかわかりません。ゆきちゃん!ガンバレ!のポッチをよろしくお願いします。

父のおじぃ君が作った春の料理です。


ママが忘れられない事を書かせてもらいます。ずっと一生心の中に残る想い出です。


ママが物心ついた頃からおじぃ君(ママの父です)は政治家の道を歩き出していました。
おじぃ君の職業で小学校5年生だったママは、担任の先生からいじめを受けて
授業を受けさせてもらえないで一人で教室の下で草むしりを命じられて意味もなく訳もわからないまま草をむしってました。

その頃の事を親のおじぃ君にも母にも言った事は覚えがなく
ただ心配かけさせてはいけないと・・・一度として学校を休んだ事はなかった。

雨の中、今日のように雨降る中で街頭に立って傘もささずに有権者の皆さんへ訴える
父のおじぃ君の横にママは立っていました。
親子二人三脚で4年に一度の地方選挙を戦ってきました。ママは、おじぃ君に代わってマイクを持って一週間街宣車から声のかれるまで訴えていました。時には、演説会場でおじぃ君に代わって会場に集まった大勢の前で思いを父おじぃ君の成し遂げたい思いを訴えました。

4年前の今日、街頭に立って最後のお願いをする父おじぃ君とママ。

「今横に立って私とこの一週間マイクを頼りに頑張ってくれた娘ですが」
「私の仕事で娘に辛い思いをさせた。そんな娘がずっと私と共に頑張ってくいれてます。」

涙がこみ上げてきました。何も知らないと思っていた事父のおじぃ君はわかっていました。
いつもさりげなく、そっと声をかけてママの結婚するまでを支えてくれた
今も忙しいママに代わって仕事を支えてくれる。

今でもママの耳にしっかりとおじぃ君の声が焼き付いています。
今回の選挙戦には、おじぃ君の名前がありません。病気の母のお世話の為に潔く辞退したおじぃ君。

マラソン大会の一週間前の週末に年に1度の春祭りに家族で行ってきました。
おじぃ君は、沢山の手料理を用意して待っててくれて

















毎日三度の食事の用意と家事すべてがおじぃ君の仕事です。
その合間合間にママの会社の仕事手伝っているおじぃ君。


実家には、母の里の鹿児島郡十島村トカラ列島の両親の写真にお水とお庭で摘んだ春の花が
ママのおじぃちゃんとおばぁちゃんです。


おじぃ君の事一番大好きなわんこのリーフ


ママが幼い頃、おじぃ君は何度も保健所へ足を運んで処分寸前の猫や犬たちをもらって来て
自宅で、兄弟へ、親戚へお願いして回ってました。



先日、半分冗談で書いたママがにゃんわん党の党首になってて話
もしママが男だったらおじぃ君の志・・・地域の弱者(お年寄り、小さな子ども、そして猫ちゃんわんちゃん達)の代わりになって思いを気持ちを察して守ってあげる、そんな気持ちを受け継いで
ママは、人が猫ちゃんわんちゃんへ優しくなれる・・そんな町作りを生まれ代わったらやりたい。





ゆきちゃんが里親さんの元へ行く日まで・・・・あと11日




ママは猫ブログの闘病生活にランキングしています。少しでも多くの方の目に留まるように
この四角い猫ブログの上でカッチっとして下さい。点数が入ります。よろしくお願いします。




にほんブログ村 猫ブログへいつもあたたかな応援とコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。
感謝でいっぱいです。応援やコメントがどれだけ励みになるかわかりません。ゆきちゃん!ガンバレ!のポッチをよろしくお願いします。



↑このページのトップヘ