愛猫9匹と名古屋から郡上八幡へ永住して隠れ家サロン完全予約1日限定2名様の「癒しの家ねこのて」オーガニックエステを始めました。10年関わってきたオーガニックスキンケア製品を使ってのオールハンドのみのエステサロン。 郡上八幡の築80年の古民家のすぐ後ろに見える八幡城、鮎で全国的に有名な吉田川、小京都と言われる郡上八幡の町屋界隈とママと一緒に永住してくれた愛猫の日々をエステの事も季節を通して記事と共に写真で紹介していきます。もちろん走歴25年ママ自身が走って郡上市のマイマラソンコースも紹介します!

2012年01月

一本道の雪の積もった中を
小次郎ちゃん、とことこ歩いて





隣の家までの100m離れたご飯を毎日くれるお家までまっすぐに歩いて




途中、橋を渡って





小次郎ちゃん歩いてきたそうです。





玄関をトントンとする音でトオルさんが気がついたそうです。
扉を開けると小次郎ちゃんが雪の中いたそうです。

一緒に小次郎ちゃんの住む家に行ったそうです。
小次郎ちゃんは、無くなった、ご飯がほしくって呼びに来たそうです。

小次郎ちゃんは、いつもココで待っててくれます




毎週のように家の中から荷物を運び出す飼い主さんとの別れを小次郎ちゃんは
なんだか寂しそうにしているんだよっと
なんだか小次郎ちゃんの様子が今までとは違うんだよな~ってトオルさんが
話してくれたのは、新年会の時でした。

雪の中を、とことこ歩いて行った姿を想像してママは、涙が出ました。
週末だけしか会いに行ってあげられないけど本当に小次郎ちゃんの事を生涯ママが守って
あげたい!って強く思いました。


昨日、田舎へ小次郎ちゃんに会いに行く予定だったけど
昨日は、最後の荷物を運び出されるとお聞きしていたので
大事なご先祖様の御仏壇を運び出されると言うことだったのでママは、遠慮しました。




小次郎ちゃんと飼い主さんの時間も昨日が長く一緒にいられる最後の日だったから・・・
おばぁちゃん子だった小次郎ちゃん、ずっと一緒に住むことが叶わなかった事情を思い
最後のお別れをしているおばぁちゃんと小次郎ちゃんの姿を思い・・・
ママは、「ちびちゃん」の介護に時間をゆっくりつかいました。





出会い、別れて・・・また出会って
人も猫もわんこも、すべてこの世に命あるものたちが
それぞれの運命の中で一生懸命に頑張ってほしいと

大切な友との死に別れに悲しんでいた時に
小次郎ちゃんを通して出会うことが出来た新たな人たち
ママは、第二の人生と思って田舎の中で精一杯生きていこうと思う
あどけない可愛いまだ、4歳の小次郎ちゃんと共に 







第34回読売犬山ハーフマラソン(愛知県犬山市の日本陸連公認コース)まで・・・・27日



にほんブログ村 猫ブログへいつもあたたかな応援とコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。感謝でいっぱいです。応援やコメントがどれだけ励みになるかわかりません。頑張って!のポッチをよろしくお願いします。

ここ数日の大雪で田舎の小次郎ちゃんは、どうしているかな・・・
ちゃんと元気でいるんだよ~って
いい子で待っててね~って
毎日、田舎の風景を思い出し寒空を見上げて心の中で話しかけています。





2月から週末だけ通う田舎は、名古屋から高速使って2時間の場所
昨年の11月からの物件探しから始まって毎週通っている郡上大和母袋(もたい)

真ん中に写っている家がママが住む家です。右端の大きな杉の木から後ろの山もそうです。
前には、川が流れ家の後ろには、沢が流れて水は、湧き水と井戸水です。


今週は、プロパンガスの取り付けの立ち会いにとママ人生初めての雪下ろし
来週は、同じ部落の班長さんに連れられて1軒1軒歩いての挨拶回り
再来週は、一番に決めた地元神主さんにお願いしたお払いの日
外にあるトイレの工事に、台所のガスの工事に、内装工事の打ち合わせ、立ち会い


今、予定が決まっている事以外に雪が降る間は、雪下ろし、雪かきに通います。
それと一番大事な小次郎ちゃんに会う事。ご飯は、今までお願いしてご飯あげて
下さっていたトオルさんにお願いしてあるけど土曜、日曜の2日間は、行って帰っての
繰り返しです。

泊まりで行きたい気持ちもあるけど今は、高齢の「ちびちゃん」に


日に4回ご飯を食べさせてあげないといけない(一度に食べる量です)




残る9匹と外猫ちっぽちゃん達のお世話とサッカークラブで今
頑張って勝ち抜いている3ちゃんの事、3人の子ども達を放っては行けないから

ママは、体が2つ欲しいよ。本当に名古屋用の「きなこ達のママ」と
田舎用の「小次郎ちゃんのママ」と・・・

叶わない事だからとにかく頑張って楽しんで進んでいこうと思う!



2012年初めてここで登場する「きなこ」達です。
最高気温が6度でも日中、日が差せば温かい部屋の中で
それぞれのお気に入りの場所で眠っています。


「きなこ」と「ぷ~ちゃん」いつも一緒



手前「あんこちゃん」と「あずき」 あずきちゃんは、あんこちゃんが大好きだけど
あんこちゃんは、猫と思ってなくって他のどの猫とも仲良くできない




「ぽ~ちゃん」3階の廊下が定番の場所




2ちゃんのベットで「つぶあんちゃん」とベット下に「ち~ちゃん」




1ちゃんの部屋で「栗きんとん」のきんちゃん


ベットに「ぺ~ちゃん」





「ちびちゃん」だけは、保護部屋で温度管理した中でお世話しています。




いつも思うことは、外で暮らす猫ちゃんや田舎に一人(1匹)雪の中で暮らしている
小次郎ちゃんの事。心だけは、離れて生きている猫ちゃん達へ頑張っててほしいと
いつも願っています。


あ!忘れていた~仕事をするママの体も欲しいから3つだった。

皆さん、寒い日が続きますが、どうぞお元気で頑張ってください。
応援して下さって本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。

ママは、今から寒いけど夜の町へ走りに行って来ます。今度の2月26日の地元愛知の犬山ハーフマラソンまで・・・丁度1ヶ月です。頑張るぞ!


にほんブログ村 猫ブログへいつもあたたかな応援とコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。感謝でいっぱいです。応援やコメントがどれだけ励みになるかわかりません。頑張って!のポッチをよろしくお願いします。

昨日の田舎の小次郎ちゃんです。
こんなリラックスポーズでママを歓迎してくれました。




まだ雪が残る中、待っていた小次郎ちゃん。ママの靴に甘えて「ゴロゴロ~」




元気な姿に一安心と同時に小次郎ちゃんには、あと数日で(今月で)飼い主さんとの
お別れがまっています。
それを思うと・・・こんな可愛いリラックス姿の「こじちゃん(小次郎)」ちゃんに少し切なくなりました。





昨日、田舎の集落の新年会でした。2月に入ってから1軒ずつ挨拶回りを予定しておりましたが
せっかく皆さんが集まるとの事で「こじちゃん」の飼い主さんの計らいで新年会に誘われて
行ってきました。




帰り運転手のパパさんは飲んではいけないのでママが気合い入れて(遠慮気味に)一応500mlの
缶ビール2本(ママ用)持参して参加させてもらいました。

ど~んと瓶ビールが1ダースと一升瓶のお酒が何本もテーブルの上に
午後1時から始まる新年会は、終わりがなくってエンドレスの飲み会です。
嬉しいような楽しいような怖いような・・・とにかく初対面の村の皆さんはとっても元気で楽しくって
可笑しくって本当にいい方ばかりでした。

カメラ抱えてずっと撮っていたのが村でただ一つある商店の「けんちゃん」です。




お一人、お一人とお話するたびに「大歓迎だよ!」「来てくれてありがとうね!」って
飼い主さんの叔父さんにあたる村でただ一つの商店の「けんちゃん」に「こじちゃん」のお家の事を
ちゃんと守りますっと言うママに、涙を流しながら「ありがとう」と言う姿に思わずママも涙して
父と同じぐらいの「けんちゃん」を抱きしめました。

ずっと心の中に代々続いた家の事へのいろいろな思いがあったんだな~って思うと1日も早く
村にとけ込んで村がもっともっと元気になるようにママは頑張るぞ!って心に誓いました。
昨日は、久しぶりに心の底から笑い、いっぱい飲みました。

一升瓶を喜んで持たされて真ん中のがママです(頭には、誰かが載せたパセリが!)





「こじちゃん」の飼い主さんのユリコさんから頂いたお菓子です。昔からお正月にいただく田舎のお菓子だそうです。中におみくじや子ども用の小さなおもちゃが入っています。



次回は、今週末に行ってきます。「こじちゃん」元気でいてね。待っててね。








第34回読売犬山ハーフマラソン(愛知県犬山市の日本陸連公認コース)まで・・・・34日



にほんブログ村 猫ブログへいつもあたたかな応援とコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。感謝でいっぱいです。応援やコメントがどれだけ励みになるかわかりません。頑張って!のポッチをよろしくお願いします。

花が大好きだった花花さん
愛犬の名前も花ちゃん





最後に家へ遊びに行った夏の日 最後の元気な姿を見た夏の日
ママが欲しかった小さな白い草花がお庭一面にあって
欲しいよっと言うママに自らスコップで取ってくれた
今もママの自宅のプランターの中で育っています。





初めての月命日の11月20日の時から
毎月の20日には、花花さんが好きだったお店
菫埜さんからアレンジの花が届くように手配してあります。





毎月の届けてもらう数日前に、その時のママの心境を思いを
メッセージに添えてもらっています。





明日、3回目の月命日です。どんなアレンジが届くのかな・・
ママが生きている限り、永遠にお花を花花さんの元へ


菫埜さんは、花花さんが生前このお店が好きだった事をママは知らずに依頼しました。
偶然でした。一緒に住んでいた次女のアサちゃんもママも、花花さんが教えてくれた
本当にそう感じました。

言葉では言い表せない何かの力が必ずあるとママは信じています。
その言葉を心を真っ白にして聞いていきたいと、すべてにそうしていきたいと思います。


第34回読売犬山ハーフマラソン(愛知県犬山市の日本陸連公認コース)まで・・・・40日



にほんブログ村 猫ブログへいつもあたたかな応援とコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。感謝でいっぱいです。応援やコメントがどれだけ励みになるかわかりません。頑張って!のポッチをよろしくお願いします。

最初に前記事へのおめでとうのメッセージを沢山ありがとうございました。
幸せです。ママの47歳の1年の出来事(マラソン挑戦や田舎暮らしの小次郎ちゃん
家猫きなこ達や外猫ちっぽちゃんや家無し猫(野良猫)達や仕事ネオナチュラルを
通して元気や希望が届けられたら幸せです。一緒にココで1年を感じて一緒に楽しんで
いただけるように頑張りたいと思います。



この築100年近い家に最初に入った時に見たものは、ここで暮らしていた人たちの遺影でした。
頭を下げてから家の中をくまなく見させてもらいました。
遺影の中には、軍服を着て亡くなった人もまだ若い女性も笑顔の素敵な写真もありました。
写真から感じた事は、ここに暮らしていた先住人の皆さんが心根の優しいあたたかな人だったと
いうことです。

2月からいよいよ暮らしをスタートさせます。
まず、最初にパパさんにお願いした事は、家に入る前に小次郎ちゃんのお母さん立ち会いの元
地元の神主さんにお願いしてお払いをする事です。




家の中を家の周りを家を取り囲む田んぼ、畑の中、山をお払いしてもらいます。





そして、心の中で代々続いた家を昔に戻して大切に使わせてもらいますと伝えます。
小次郎ちゃんのお母さんや、おばぁちゃんや、お子さん達や、お孫ちゃんたちが
いつでも帰って来てのんびりできるような空間と空気を作ってあげますと伝えます。
どうぞ何事もなくここに(田舎の家)集う人々を末永く見守りくださいと伝えたいと思います。
それから小次郎ちゃんも長く田舎の家の招き猫となって訪れる人々の心を癒してくれるように
お守りくださいとお願いしたい思います。





毎週末小次郎ちゃん会いに行ってたけど小次郎ちゃんの家族みんなで大きな家具や荷物を運び出す日だったから家族それぞれの思いの中での作業となるので今週は、遠慮させてもらいました。








1月、2月は、一番寒い時期だけど毎晩白い息はきながら走っています。田舎で一人(1匹)家にいる小次郎ちゃんの事や家の無い猫ちゃんたちの事・・・元気で頑張っててほしいよ~と願いを込めて毎晩走っています。ママが出来る走る事から熱いエネルギーが届いてくれる事を願って走り続けます。
それが一番、今も一人になって思い出すと自然に涙が流れてくる亡き花花さんへのママからの「安心してね」「ママは大丈夫だから」「守るもの達がいる限り元気でいるから」そう話しかけながら元気の贈り物を心の言葉で送っています。皆さん、今日も見に来て応援して下さって心からありがとうございます。

第34回読売犬山ハーフマラソン(愛知県犬山市の日本陸連公認コース)まで
・・・・43日


にほんブログ村 猫ブログへいつもあたたかな応援とコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。感謝でいっぱいです。応援やコメントがどれだけ励みになるかわかりません。頑張って!のポッチをよろしくお願いします。

↑このページのトップヘ