1ヵ月ぶりの更新です。応援して下さった皆さん、心配してくださった皆さん、メールや手紙をくださった皆さん
本当にご心配をおかけしました。ありがとうございました。

今年の1月16日に倒れた父。病名は、くも膜下出血。救急車で運ばれ集中治療室に入院。翌午前中に6時間におよぶ手術。

倒れた日も、意識が戻った手術前も、私だけ父に会うことが出来ないまま、手術後の翌日意識がはっきりした日にやっと話す事ができた。早く、1日も早く元の生活に元気になりたいと言う父を4ヶ月間、病院へ高速使って片道1時間の道のりを頻繁に通い励ましてきました。

必ず治る。元に戻る。倒れる前の父に戻る!そう心に願い祈り通いました。

最初に入院した病院に1ヶ月。次にリハビリ回復病院に3ヵ月入院の中で週に一度、入院中のストレスがたまらないように外の空気に慣れるように外出して

病院の近くの床屋さんへ(1回目の時の様子です。2回目は、退院近くなった日に髪も染めてもらって)

DSC_0221



倒れて初めて戻った自宅へ(日に三度はお参りをするご先祖様へ)

DSC_0225

地元の区長を長年やっていた中での入院で、新たな区長選びの会議に何度も足を運ぶ送り迎えをして


退院して一週間目の日に長年の区長、区長代表への功労賞を市長より頂く80歳の父の姿は、凛々しく立派でした。

DSC_0363



そんな中での愛猫ぷ~ちゃんの怪我の通院へ

DSC_0253


部分麻酔をして膿んで顔が腫れ上がっていた場所を毛を剃り切開して

DSC_0250




DSC_0252


やっと落ち着いて眠っていた「ぷ~ちゃん」

DSC_0259




1月からの父へ病院の見舞い、愛猫ぷ~ちゃんの看病、ママの何個かある胃の炎症で吐血しました。体重も1週間で5キロ減って


DSC_0246


本当に、この4ヶ月は、辛い日々でした。









あえて載せます。4ヶ月間闘ってきた父の姿を。入院の日々を。純粋に、ただ純粋に父の回復を願ってた日々を
ここへ辛い思いを隠して通った日々を・・・自分は負けてはいけないと闘った日々の記録に


1454383217034




4月25日に無事退院しました。

なんの後遺症もなく、自らの足で歩いて、一緒に自分の荷物だから持つよって入院中の荷物を半分持ってくれて、4ヶ月ぶりの我が家へ父は帰ってきました。

退院して二週間、ママしかみてあげれる人間はいないから、月曜日泊まり火曜日夕方、郡上八幡へ戻り、水曜日泊まり木曜日戻る・・・そんな生活を今はしています。

もともと料理が上手で作る事が好きな父は、これもリハビリだよって言いながら、退院してから、茶碗蒸し、五目ご飯、ちらし寿司、煮豆、すき焼き・・・今までと全く変わらない味、父の味。

DSC_0378

毎回、作ってくれてます。ママも一品作って一緒に、いろいろな事話しながら、しっかり3食一緒に食べてます。

今日は、花花さんの旦那さんの「よっちゃん」が毎年送ってくれる駿河湾の旬「桜えび」でお好み焼きを作ってくれました。
DSC_0379



桜えび、ねぎの醤油味のシンプルなお好み焼き。また、上手に手料理する姿に味に涙でました。

DSC_0380


お庭に咲いているユキノシタ

DSC_0376


先日の母の日に自分でアレンジした花


DSC_0367


母の入居している部屋に叔父から送られてきたトカラ列島のカレンダーを何もない部屋に飾ってあげて

DSC_0369


DSC_0372

母の生まれた島(口之島)

一日置きにママが不在の家で留守番をしている愛猫たち

「片目のきなこさん」と「完治したぷ~ちゃん」
DSC_0356



DSC_0337


愛猫たちが元気で待っててくれるから、心も身体も癒されます。先の事、まだ、はっきり決まってないけど
ママを望む父の思いに応えてあげたい思います。


支えて応援してくださるブログの友へ

きなこママは、元気です。もうすぐ10年を迎えるママのブログ。生きてきた証の日記。人生のいろいろな事が起こった中で何度も何度も立ち上がってきた記録。毎日更新していた時もあったけど、今は、なかなか更新できない状況だけど・・・応援して支えて見守ってくれるみんながいる限り頑張っていきたいよ。
ありがとうね。また、近いうちに戻ってくるから。

DSC_0335




応援のポッチをお願いします にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 美容ブログ エステサロンへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 郡上情報へ