愛猫9匹と名古屋から郡上八幡へ永住して隠れ家サロン完全予約1日限定2名様の「癒しの家ねこのて」オーガニックエステを始めました。10年関わってきたオーガニックスキンケア製品を使ってのオールハンドのみのエステサロン。 郡上八幡の築80年の古民家のすぐ後ろに見える八幡城、鮎で全国的に有名な吉田川、小京都と言われる郡上八幡の町屋界隈とママと一緒に永住してくれた愛猫の日々をエステの事も季節を通して記事と共に写真で紹介していきます。もちろん走歴25年ママ自身が走って郡上市のマイマラソンコースも紹介します!

カテゴリ: 外猫の事

厳しい冬の寒さの中
初めての冬の雪の中

身を寄せ合って
温めあって寄り添い
いつも一緒にいた2匹の猫







秋の寒くなる頃に箱を置いて
雨の度に新しく作り変えて

この箱は、何個目になるのか・・






やっと・・・やっと春が来て暖かくなって

姿が見えなくなっても
いつ帰ってくるかわからないから
毎日、両手にホカロンを両手に持って
走る日々・・

ここ数日は、置いてあげなくても
もう大丈夫かなって


白にクリーム色の愛らしい猫ちゃんは一ヶ月前から
白と黒の顔の柄がチャーミングな甘えんぼの猫ちゃんは
2週間前から消えてしまった・・

仔猫で空き地に捨てられて
ずっと・・そこから何処かへ行くことがなかった仔猫たち

保護してあげたい・・
毎日見るたびに、どうしてあげる事もできない自分に
ただ見守っていただけの仔猫たち

ここに書けない嫌がらせがあります

ただ祈るのは、何処かにいて生きててくれること
誰かに保護してもらって生きててくれること
嫌な想像だけは、したくない

ただただ・・・生きててくれること願う





20年前に頂いたお祝いのランの花。毎年、毎年植え替えて今年もいい香りの花が咲きました。
いい事があるといいと・・花を見て思います。





恵那峡ハーフマラソン大会まで・・・・あと23日
(6月の乗鞍天空マラソン大会出場まで待てなくって、田舎のハーフ作業始まるけど作業こなしてから田舎から移動できる近くの場所を選んであえて難コースと言われている大会に挑みます)





にほんブログ村 猫ブログへいつもあたたかな応援とコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。感謝でいっぱいです。応援やコメントがどれだけ励みになるかわかりません。頑張って!のポッチをよろしくお願いします。

今日、2回目の記事です。
名もない子が外猫として生きた事、今日旅立っていった事
ここに残してあげたく書いてます。写真も載せてます。




今、火葬場から帰って来ました





ちびちゃんへ御飯をあげるために一端、会社を2時に出て・・

ママが夜走る時に御飯とホカロンを持ってお世話している猫ちゃんの


何か気になって・・・家へ帰る前に寄りました



ホカロンを入れようとすると、いつも箱の中から勢いよく出てきた茶トラの子


冷たくなってました
中に入れてあった毛布が外に出て、ホカロンが残ったままの中で・・






箱ごとママの車に乗せて、花屋さんへ行き、花を買って

花を、その子の顔の回りに入れてあげました






その足で火葬場へ行きました





保冷庫の中に入れて扉を閉める瞬間に泣けました




名もない子

この子の為に外猫だったけどママが出来る範囲でお世話していた記憶を残しました


家猫も外猫も・・・みんな可愛いママの子です
みんな環境が違っても元気で頑張って!生きててほしい・・


にほんブログ村 猫ブログへいつもあたたかな応援とコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。感謝でいっぱいです。応援やコメントがどれだけ励みになるかわかりません。頑張って!のポッチをよろしくお願いします。

昨日の夜から降り出した雪は、朝6時の時で15cmぐらい積もっていて
さらに2時間降り続けて20cmぐらいの積雪に





子どもたちを学校に送りだした後、外猫「ちっぽちゃん」の鳴き声が・・
雪に埋もれてしまったハウスの中からでした。

出入り口が雪でふさがってしまって外へ出られない状態を
玄関先から順番に「ちっぽちゃん」の出入り口まで雪を取り除いて進んでやっと出口を開けてあげて




出てきた「ちっぽちゃん」ごはんを食べ終わった所です。





お庭にトイレ用の砂場も雪に埋もれてしまったから
急遽、ダンボールに猫の砂入れてあげて雪が入らないように
出入り口を塞がないように子ども3ちゃんの傘を置いてあげて




もう一匹の外猫の黒猫「まめちゃん」(家猫のあずきちゃんの兄弟です)の
ハウスも雪に埋もれてしまっていたのでハウスの周りと出入り口の確保をしてあげて




写真には無いけど今日の夜から明日の朝にかけて又、雪が降る予報みたいだから
黒猫まめちゃんのハウスの上に板(厚いダンボールにビニールを巻いて)でハウスが
埋もれないようにしました。

雪が降ると真っ先に思うことは、家の無い外猫ちゃんたちの事
外猫の「ちっぽちゃん「まめちゃん」たちには、ごめんね、春まで頑張っててねって
話しかけています。

もう一つ、頑張ってねって話しかけている3階のお庭のメダカさんたち(写真右端の)
生まれてすぐにご近所の方に数匹頂いて毎日、お水をくみ置きしてから素焼きの鉢に
入れてあげて育てている子たち。
昨年の暮れから何度も氷が張っても溶けると元気よく泳いでいる子たち。
冷たい水の中、雪に埋もれた中で暖かくなる春を待っているメダカさんたちからも
元気をもらっているママです。ママも頑張るぞ!







昨日の夜の練習は、吹雪の中を走りました。同じ時間に子ども3ちゃんも外でサッカークラブの練習していると思うと負けていられないママです!頑張ろ~っと


第34回読売犬山ハーフマラソン(愛知県犬山市の日本陸連公認コース)まで・・・・24日

にほんブログ村 猫ブログへいつもあたたかな応援とコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。感謝でいっぱいです。応援やコメントがどれだけ励みになるかわかりません。頑張って!のポッチをよろしくお願いします。

30㎝積もった雪の向こうで小次郎ちゃんが待っていた




26日に会いに行った日の小次郎ちゃん




数回会った時と様子が少し違っていた




おいで~っと言うママに前のようになついてくれなかった
ママじゃない誰かをまだ待っているかのように道の方をずっと見つめて待っていた




小次郎ちゃんが待っていたのは、その日初めて会うことになっていた飼い主さんだった
お昼に約束する前に朝、家に来て小次郎ちゃんに会っていたから小次郎ちゃん、また来てくれるのを
待っていたみたいだった。




会ってお互いに挨拶を交わして最初に小次郎ちゃんの今後の事を話し合いました。
新しい家には、どうしても小次郎ちゃんを連れていけないからと言うこと
ここへ、田舎の家へ置いておくこと  小次郎ちゃんの今後をママが引き取ること





飼い主さんのつけてくれたストーブの横で目を閉じてママ達の今後の話を飼い主さんと息子さんと
いろいろ話をしている事を聞いているようにじっと少しの温かさの中で座っていた小次郎ちゃん
小次郎ちゃんにとって初めて冬の外です。




写真撮ってなかったけど新しいフリーフの膝掛けと24時間暖かさが持続するホカロンを
沢山用意して行ってすぐに小次郎ちゃんの寝床に置いてあげました。
毎日のお世話をして下さるご近所の方へ置き手紙も添えておいてきました。
今度、田舎の家へ行った時に紹介してもらう事になっています。週末通いの2重生活だから
しっかり小次郎ちゃんのお礼とお願いをしてきたいと思ってます。





ママは、毎日その日にあった事を話しかけています、花花さんへ
小次郎ちゃんがママの13番目の猫ちゃんになった事、外猫ちゃんたちの・・・・・



涙が出たよ、花花さん
雪が降る前の日に二重にしたダンボールの中にホカロン入れて毛布入れて置いてきた

なかった・・んだよ、花花さん
よく見ると廃材置き場の中の真ん中にひっくり返って捨ててあったんだよ
雪に濡れないように
雨に濡れないように
風が少しでも入らないように工夫した作ったダンボールがひっくり返っていたんだよ

悲しくって泣いてしまったよ
その近くにいる仔猫たちを見て泣いてしまったよ
ごめんねって言いながら・・やりきれない気持ちで帰って来たんだよ、花花さん

少しでも、ほんの少しでも寒さの中で耐えている捨てられた猫ちゃん達の事
周りに数匹いる猫ちゃん達の事へ目を向けてほしかった
置いてあげた気持ちを少しわかってほしかった

どうか春まで兄弟で寄り添いながら生きてて欲しい
ただ・・・そっと毎日リーフの散歩で通る道だから様子を見守り続けようと思う



皆様、いつも応援をありがとうございます。寒い日が続きますが元気ですか。
ママの手は、快方へ向かっています。ご心配をありがとうございます。
いろいろな思いを胸に切ないこともあるけど何とか元気にみんなが・・・元気に
生きててほしいと思います。今年も、あと3日。頑張ろう~





にほんブログ村 猫ブログへいつもあたたかな応援とコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。感謝でいっぱいです。応援やコメントがどれだけ励みになるかわかりません。頑張って!のポッチをよろしくお願いします。

ちっぽちゃん!
ちっぽちゃん!大丈夫!。





だいぶ前に撮った写真です


もの凄い大雨の中小さなお庭が川状態になっている中で
少し地面から高くしてある外のビニールハウスの中で・・かすれた声で鳴く外猫ちっぽちゃん
雨で崩れかかったダンボールの中いた「ちっぽちゃん」


雨が降ると真っ先に心配なのが外にいる家のな無い猫ちゃん達の事
お庭に住んでいる外猫「ちっぽちゃん」の事

どしゃ降りの雨が小康状態になったのを待ってて雨で崩れかかったビニールハウスの箱を
作り変えました。


ダンボールを2段にして、下の段のダンボール全部を雨で濡れないようにゴミ袋で覆って、上の段の箱は、出入り口をつけて中に入れるように、また中がダメになった場合を想定して箱の上に上がれるように工夫して、外に面しているダンボールすべてをゴミ袋で覆って、劣化して所々穴があったビニールシートの上に新しいビニールシートをかけて、雨・風が入らないように後ろも前も廃材の板で押さえて・・・

短時間の小雨の中、「ちっぽちゃん」「ちっぽちゃん待ってててね」と言いながら家の中で子どもの「ぽ~ちゃん」「ち~ちゃん」が見ている中で必死でした。




皆さん、ご心配をありがとうございました。
沢山のメール、メッセージをありがとうございました。

家族みな無事です。大丈夫です。
一番酷かった一昨日の午後、主人の母やスタッフに避難勧告が出て避難したりしましたが
家も母もスタッフも無事でした。
我が家の子ども達の1ちゃんは、テレビでよく出ていた川の近くの学校。授業も早めに終わって靴とソックスだけ濡らして帰って来ました。自宅近所の2ちゃんの学校も早めの一斉下校で一番雨が酷い時にびしょ濡れで帰って来ました。手を骨折していた3ちゃんは、車で迎えに行き自宅前が小さな川状態になっていたので車から玄関までは、靴も靴下も脱いで膝までズボンまくっての状態でした。

3ちゃん降ろして車で買い物へ出かけたママ、ほんの短い時間の間に降った雨の量に驚きながら
道路が川状態になっていたり、道路が低くなった場所を歩くおじさんの腰のあたりまで水がきていたり
反対車線の車が通って行くのを待ってゆっくり走りながら台風上陸に備えて早めの買い物して帰宅しました。

家族で夜話してたけど改めてママが思った事は、避難勧告も避難指示も何が出てもこんな沢山の子ども(猫わんこ)連れて行けないし置いていけないから残る事家族に伝えました。
避難するにも多すぎて無理なのも事実ですが家族の猫たちが安心するように守ってあげたいと
最後を共にしたいと思ってます。 


2011年10月30日(日)
静岡県しまだ大井川フルマラソン大会まで    34日 


2010年大会にて~ゴール後一緒に頑張ったチーム花花のみっちゃんと完走証を持って




あと一ヶ月と少し。。花花さん、そんちゃん祈っているよ。まだまだ2人が元気で一緒に生きてくれる事
まだまだ一緒にご飯食べて笑い会える事を心から祈り走ります。




にほんブログ村 猫ブログへいつもあたたかな応援とコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。感謝でいっぱいです。応援やコメントがどれだけ励みになるかわかりません。頑張って!のポッチをよろしくお願いします。

↑このページのトップヘ